コンピューターアクセサリー

サービス詳細

除菌・抗ウイルス施工

+ + +

薬剤による抗菌・抗ウイルス効果をなるべく長く維持するために、3段階のコーティング処理を基本としています。

+ + +

薬剤噴霧・サンプル採取等、作業時間は合計3時間を目安にしております。

+ + +

菌・ウイルスに対して広く、極めて高い効果が期待できます。(効果についてはこちらを参照)

+ + +

弊社は、世界32か国50社以上に製品を供給している、殺菌剤・消臭剤の世界的リーディングカンパニー、

バイオサイド・インターナショナル社(米 オクラホマ州本拠)製品を使用しています。

+ + +

九州工業大学 横野照尚教授の研究によって発表された、可視光応答型光触媒を用いたコーティング処理を施工しています。

+ + +

日本とアメリカの技術を元に、マレーシアのエクセルシア・テクノロジーズ社が開発した

「bactakleen(バクタクリーン)」も取り扱っております。

 

プロテジアの吹付け施工

ジムでのプロテジア吹付け施工の様子。
コーティング処理をする前に、トレーニング器具の表面に付着している菌やウイルスを殲滅する。

 

エスコートの吹付け施工

ジムでのエスコートの吹付け施工の様子。

光触媒酸化チタンを表面に吹付け、こののち紫外線を照射して触媒効果を活性化する。

 

bactakleen(バクタクリーン)の噴霧施工

事務所でのバクタクリーンの噴霧施工の様子。

エアコン内部は特に菌やウイルスの巣窟となりやすく、この現場では直接ミストを送っている。

またエアコンの送風は、ミストを室内に行き渡らせるのを手伝ってくれている。

 

施工方法(基本)

1. 

施工前検査として、 ATP(アデノシン三リン酸)測定を実施。

2. 

下処理層として、弊社商品「protéger(プロテジア)」(水成二酸化塩素剤)を、専用噴霧器で吹き付け。

3. 

次にコーティング層として、弊社商品「S-coat(エスコート)」(光触媒酸化チタンを含む薬剤)を、専用噴霧器で吹き付け。

4. 

最後に、仕上げ層として「protéger(プロテジア)」(水成二酸化塩素剤)を、専用噴霧器で再度吹き付け。

5. 

ブラックライト(紫外線照射装置)を照射し、触媒を活性化。

6. 

施工後検査として、 再度ATP(アデノシン三リン酸)測定を実施。

7.

実施完了の証明書を発行。

​※お客様の現場に合った組み合わせでの施工になりますので、処理手順はカスタマイズされる場合があります。